2018年12月20日、日本海の排他的経済水域内を飛行していた海上自衛隊のP-1哨戒機が、韓国海軍の駆逐艦から火器管制レーダーの照射を受けた問題。レーダー照射を認めない韓国側に対し、防衛省が証拠映像を公開しました。映像は機内の隊員たちが「レーダーの照射を受けた」と報告する音声が収録されているもので、日本側の主張を客観的に裏付けるものだとしています。映像公開を受けて、韓国側は「単に哨戒機が旋回する場面と乗員たちの会話の場面があるだけで、レーダーを照射したという客観的な証拠だとはいえない」とコメントしたうえで、「一方的な内容の映像を公開し事実関係をごまかしていることに対し改めて遺憾を表明する」と改めて韓国側の意見を強く主張しました。

【【証拠映像】韓国海軍の自衛隊哨戒機に対するレーダー照射問題。防衛省が証拠映像を公開】の続きを読む