水中呼吸装置を装着せずに潜水をするプロフリーダイバーの動画です。水深が深くなればなるほど肺が縮むため、足をバタバタしなくても重力に引かれて身体が沈んでいくらしいです。脳は「恐怖」や「緊張」などのストレスを感じると酸素を消費してしまうらしく、メンタルのコントロールも重要になってくるそうです。身体能力に加えて精神力も必要になるとは、なかなか奥が深いスポーツですね。

【驚異的な肺活量。水中呼吸装置を使用せずに海深く潜るプロフリーダイバー】の続きを読む