カテゴリ: 衝撃映像

印マハーラーシュトラ州で行われたパフォーマンスの動画です。目隠しをして斧を持った男性が、女性の体の上に置かれたココナッツの断割に挑みます。仰向けになった女性の腹部に置かれたココナッツを割ろうとした際、女性が不用意にココナッツに触れたことでヒヤリとする展開になってしまいます。 【目隠しをした状態で斧をぶん回す男性。女性の体の上に置かれたココナッツを割ろうとしたらトラブル発生】の続きを読む

辛い食べ物を食べた男の子が、後ろにひっくり返ってしまう動画です。これは一歩間違えれば大怪我していたかもしれません。カメラで撮られていることに気づいて、ふざけてしまったのかなあ…。何はともあれ、怪我はなさそうなのでよかったですね。

【辛い食べ物に挑戦してひっくり返る男の子】の続きを読む

米ニュージャージー州ニューアークのマクドナルドで、ネズミを放つ男を収めた動画です。オーダーミスをした店員に腹を立てて犯行に及んだそうです。あらためて頼んだものを貰えばいいだけなのに、なぜこんな幼稚なことをしちゃうんだろう。当然この男性は逮捕されたそうです。

【マクドナルドでネズミを放つ男】の続きを読む

米ニュージャージー州ハリソンにある店で、陳列されている商品を次々と床に落としていく女性を収めたビデオです。彼女が正常な精神状態ではないことは一目瞭然ですが、それにしてもひどいですね。下手に制止したところで、何をされるか分からないですから、この店の対応が正解なんでしょうね。

【店に陳列されている商品をめちゃめちゃにする女】の続きを読む

ワニの背中を口の方めがけて歩いていくハトの動画です。ワニの背中だと認識したうえで歩いているのなら、相当ぶっ飛んだハトさんですが、おそらく気づいていないだけでしょう。ワニからしてみれば、相当鬱陶しいだろうな。

【心臓に悪い動画。ワニの背中を歩くクレイジーなハト】の続きを読む

ウクライナの路上でクラクションを鳴らされたことに腹を立てた男が、不気味な奇声を発しながら車に絡んでくるビデオです。車の進路を妨害したうえで、躊躇なく車体の破壊に興じる姿は、正気の沙汰とは思えません。クラクションは必要なとき以外は鳴らさない方がいいということがよくわかりますね。

【ヤバイやつにクラクションを鳴らしてしまった運転手。案の定ヤバイことになる】の続きを読む

タイのコンビニで発生した強盗事件を収めた、防犯カメラの映像です。ナイフ片手にレジカウンターに侵入してくる強盗犯の姿を見た店員が、カウンターを飛び越えて逃げようとしている同僚の女性店員を無理やり引きずり下ろして盾にします。案の定、盾にされた女性店員は腹部を刺されてしまいます。刺された女性店員は重傷を負ったものの、命に別状はなかったそうです。無理やり盾にされさえしなければ刺されなかっただろうから、盾にしてきた同僚を訴えるなりした方がいいと思う。

【コンビニで強盗事件が発生。同僚に無理やり盾にされた女性店員が刺さされる】の続きを読む

タイのスワンナプーム国際空港で身体検査を受けていた韓国人女性が、いきなり保安検査員を平手打ちするという事件がありました。見た感じだと、この韓国人女性は何らかの障害を抱えているのかもしれません。叩かれた女性職員はしばらく呆然としており、かなりショックを受けている様子です。これは不憫すぎますね…。

【空港の保安検査員をいきなりビンタする韓国人観光客】の続きを読む

深く掘られた穴に落とされていく中国のブタたちを収めたビデオです。処分されるブタの数から見て、口蹄疫(こうていえき)等の家畜伝染病があったのかもしれません。処分はやむを得ないのかもしれませんが、かなり無慈悲な処分方法なだけに胸が痛みますね。まず日本では見られない光景です。

【ショベルカーによって処分される無数のブタたち】の続きを読む

カナダのモントリオールの凍結した道路で、派手に転んで動けなくなってしまう男性を撮した固定カメラの映像です。近くを車で走っていた男性が、ピクリともしない彼の様子を見て救護に向かいますが、この男性にも災難が待っていました。路面状況の悪い道路は歩かないのが一番ですが、やむを得ず歩く場合は、「小さな歩幅」で「足の裏全体をつけて歩く“すり足”のような歩行(完全なすり足は危険)」で歩くのが良いらしいですが、ここまで傾斜のきつい道路でも通用するのでしょうか。

【凍結した道路で豪快にコケて動けなくなった男性。近くを車で走っていた男性が救護に向かうが……】の続きを読む

米テキサス州のアービング警察のバイク隊員同士による接触事故の様子を収めた固定カメラの映像です。後ろから来たバイク隊員が、もう片方のバイク隊員を追い抜こうとした際に接触してしまったようです。反対車線やバイク隊員たちの前方を走っていた車が、バックしてまで救護に駆けつけるところが素敵です。

【警察のバイク隊員同士による接触事故】の続きを読む
スポンサードリンク

このページのトップヘ